shutterstock_390634105

医療保険

医療保険に入っていないママ必見!ママが入院したら子どもはどうなるの?

小さな子どもがいるママが病気やケガで突然入院したら?子どもはどうなっちゃうのだろう?近くに祖父母が住んでいない場合には、誰に預けたらいいのか?とても心配ですよね?

子どものことが心配で、自分の治療に専念することもできないかもしれません。

出産で入院する場合は、上の子どもも同室で育児ができる病院もありますが、ケガや病気での入院となるとそうはいきません。

ほとんどの病院は、小さな子どもの面会すら断られます。
旦那さんがお仕事を休めればいいのですが、急な入院だとそうはいかないこともあります。

そんなとき、保育所等で預かってくれるサービスがあります。どんなサービスなのか?どのくらい費用がかかるのか?調べてみましょう。

■ママが入院したときに子どもを預けることができる「緊急一時保育」

保護者が病気や出産、仕事の都合などで、緊急に子どもを預けなくてはならなくなったとき、保育所で一時的に預けることができます。

この制度を利用できるのは、通常は保育所を利用していない方が対象です。ご存知のように、保育所を通常利用しようとしてもなかなか希望の保育所に子どもを預けることができないのが現状ですが、多くの自治体ではこの通常利用枠とは別に、一時保育や緊急一時保育枠を用意しています。

ただ、一時保育や緊急一時保育専門の保育所はほとんどなく、通常の保育所の中で実施している保育所で、なおかつ空きがある場合に利用することができます。

利用する場合の料金システムは、各自治体によって異なります。

例えばA区の場合
保育時間が4時間以内は900円
保育時間が4時間以上8時間以内は1,800円
超過料金30分につき180円

B区の場合
区内に住所がある場合1日1,500円
区外に住所がある場合1日2500円
超過料金30分につき150円

など、自治体によって異なるので、万が一のためにインターネット等で調べておくのがよいでしょう。

24時間対応の保育所もある

C市の場合、「24時間型緊急一時保育」があります。
急な健康状態の変化があったとき、ご家族が近くにいないときなどに、24時間電話受付をしてくれます。

こちらの保育所は、夜間・宿泊を含め24時間365日対応してくれますが、あくまで「緊急
時」のためなので、原則として3日以内の利用となっており、それ以外は「一時保育」となります。

利用料金は、子どもの年齢と時間帯によって異なりますが、0歳から4歳までともに24時間の上限が1万円となっています(別途食事代1食につき300円)。

利用できる日数や料金は、各自治体によって異なります。1か月まで利用できる自治体もありますし、区内や市内に住所がないと受付けてもらえない自治体もあります。

ママになったら、自分自身の体調が悪くなったときに、まずどうしたらよいか?きちんとリスト化しておきましょう。

■ママが入院したときには治療費以外にかかる費用がある

独身の方や男性が入院するのとは違い、ママが入院すると治療費以外にお金がかかることは理解していただけたでしょうか?1日2日はなんとかなるかもしれませんが、長期の入院となれば、旦那さんもずっと仕事をお休みすることもできないでしょう。昼間の間だけでも保育所に子どもを預けることができれば、少しは安心して治療に専念できます。

入院したらいくらぐらい費用がかかるのか?

入院1日あたりの自己負担金額(差額ベッド代を含む)は、平均約10,000円です。
手術を受ければその治療費がプラスされます。

例えば
盲腸で入院した場合 重症化していなければ、手術と入院費用を含めて、健康保険が3割負担で約8万円から10万円。
あまり傷を残さない腹腔鏡手術を受けたとすると手術代だけで、約15万円から20万円となり、高額になってきます。

切迫早産で入院が必要になった場合 出産のための入院を予定していた時期よりももっと早く入院することになってしまい、準備もままならないことも。切迫早産の入院期間は2~3ヶ月になることも多いです。

比較的軽度で、子宮収縮を抑える薬の投与や簡単な手術を受けて7日ほどで退院できる場合もあります。でも、自宅でも絶対安静が必要になりますから、入院はしていなくても子どもの世話は誰かに看てもらう必要があると思います。

病院に支払う治療費の他に、着替えや洗面道具、病室でのテレビ代、そしてママなら子どもの保育料金が必要になります。

■ママは絶対医療保険に入っておくべきです

子どもにとってママはひとりしかいません。あなたが倒れてしまっては、子どもは生きていくことができません。

それでも万が一、病気やケガで急に入院することになっても、サポートしてくれる制度があることは知っていただけたと思います。

そして、早く病気やケガを治すことが何より子どものためになります。入院している間の資金を心配しなくていいように、医療保険に加入するようにしましょう。

関連記事

  1. shutterstock_3441462

    がん保険

    「保険は掛け捨て、もったいない」はもう古い!新しい保険のカタチとは?

    いずれ自分の身に起こるかもしれない、病気やケガでの入院のために、医療保…

  2. shutterstock_178969589

    医療保険

    むずかしくない医療保険!5つのポイントだけ覚えれば大丈夫!

    「医療保険」加入しようと思っても、いろんな会社の商品があって、どれを選…

  3. shutterstock_177135713

    がん保険

    がん保険に加入しているのに「がん」になっても給付金がもらえない?

    がん保険に加入しているから大丈夫と思っていたのに、がんになっても給付金…

  4. shutterstock_257903768

    医療保険

    掛け捨て型?貯蓄型?それとも保険料が返ってくる保険がいい?

    医療保険に加入しようと思ったけれど、掛け捨て型と貯蓄型どちらがいいか悩…

  5. shutterstock_243712018

    医療保険

    入院費用だけじゃない?仕事を休んでいる間も役に立つ保険をチェック

    医療技術が日々進歩しているおかげで、入院した人の約57%が10日以内で…

  6. shutterstock_62792569

    医療保険

    諦めていた医療保険‥持病がある人でも入れる保険、本当に誰でも入れる?

    持病があって医療保険に加入することをあきらめていた方には、いわゆる「持…

  1. shutterstock_230116186

    保険

    特約の種類を知って、自分に合う保険を選ぼう!
  2. shutterstock_338055824

    がん保険

    がん保険は私にも必要なの?いつからがん保険に加入すべきか考えよう。
  3. shutterstock_142654570

    医療保険

    保険は結婚してからでは遅い?保険を早めに準備しておきたい理由
  4. shutterstock_177135713

    がん保険

    がん保険に加入しているのに「がん」になっても給付金がもらえない?
  5. shutterstock_390634105

    医療保険

    医療保険に入っていないママ必見!ママが入院したら子どもはどうなるの?
PAGE TOP